スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームレジェンドをめぐる動きについて言いたいこと

ゲームレジェンドをめぐる動きがなにやらあわただしいことになっています。

事の発端は久しぶりに公式サイトが更新されたと思ったら、それが次回申し込みの早期締め切りの連絡だったこと。
ツイッターでは申し込み受付中の告知はされていたのですが、公式サイトにその旨が掲載されず、やきもきしていた方も多かったと思います。
そこにようやく公式サイトが更新されたところに次回申し込みを締め切りました、となっては、間違いなく多くの方にとって寝耳に水のことだったでしょう。

本来のやり方であれば、まず公式サイトに次回申し込みの告知をし、その告知ページの中で申し込み多数の場合は抽選、あるいは早期締め切りをする、と連絡するのが正道であろうと思います。
今回の件が問題なのは、大きく以下の3つの要因があると個人的には考えています。

1.前回の情報から半年近く公式サイトが更新されないままの状態が続いたこと
2.次回申し込みの告知がツイッター任せであったこと
3.公式サイトに突然早期締め切りの連絡があり、一部のスタッフも困惑していること

特に3番目が大きな問題だと思っていて、それはつまりスタッフ間の連絡が正常に機能していないことを意味するものだからです。
主催のZEDさんが主導権を握って次回申し込みの状況などを把握した上で適切にコントロールし、その中で予定数を超えたために早期に締め切りますというのであればまだ話は分かるのです。
実際最近のゲームレジェンドは申し込み数が予定数を超えることが非常に多く、前回はそのために調整に手間取りながら結局落選サークルを出してしまったことは以前の記事でも書きました。
今回はその混乱を避けるために先手を打ったのであろう、ということはある程度想像できますが、だからといっていきなり公式サイトに早期締め切りの連絡を掲載するのは、いささか順番が違っていないか、という気がしてならないのです。

テキレボなどは公式ツイッターを持ち、公式サイトでも連絡記事が見られるので、申し込み状況がリアルタイムではないにしろ分かるようになっています。
サークルはそれを見てまだ余裕があるな、あるいはそろそろ申し込んだ方がいいな、などを判断することができるので、この点はゲームレジェンドも見習ってほしいところです。

前回、そして今回と騒動続きのゲームレジェンドですが、それでゲームレジェンドを見捨てるというのは早計であると思います。
大事なのは一連の騒動の根幹にはどんな問題が潜んでいるのか、ということをスタッフはもちろん、我々サークルの側も考えていかなければならないことだと思います。
そして、ゲームレジェンドがこれからも良いイベントとして存続し、今後も発展を続けていくためにどうすべきか、という提案もした方がよい段階に来ているのだろうと考えています。
個人的には以前の記事でも書いた通り、会場を移転すべきだと思っています。
結局のところ、落選サークルを出してしまったのも、早期締め切りをしてしまったのも、全ては会場のキャパシティーがもう限界に達しているところから来ており、以前に書いた東京流通センターはさすがに広すぎるとしても、よりたくさんのサークルを受け入れることができるだけの広さを持つ会場の選定は急務であると思います。

自分自身、ゲームレジェンドは2010年の秋の回から一般参加を続けており、昨年(2017年)の春の回からサークルとして参加してきました。
それだけに、ゲームレジェンドには他のイベントにはない特別な思い入れがあり、同時にこれがなくなることは自分にとって出展の機会を1つ失うことにもなるので、創作のモチベーションにも少なからず影響します。
正直な話、テキレボや本の杜では売れることはあまり期待していません。
事実、本の杜では一般来場者がそれほど多くなかったこともあり、大して売れませんでした。
テキレボはまだ先の話なので、どうなるかは分かりませんが、どうも話を聞く限り、あまり過剰な期待はできないなというのが今のところ抱いている思いです。
だからこそ、自分はゲームレジェンドをサークル参加するにあたって一番大事なイベントとして見ているのであり、これの存続を強く願うところでもあるのです。
恐らく、一連の騒動を受けてスタッフに説明責任を求める方も出てくると思いますが、自分はそれよりも先に述べた通りゲームレジェンドをさらに良いイベントにしていくために何が必要かを考えた方が建設的ではないかと思う次第です。
スポンサーサイト

『徒然なる世界』の今後の活動予定(3/6現在)

当サークル『徒然なる世界』の3月6日時点における今後の活動予定についてお知らせいたします。

5/20「ゲームレジェンド28」(川口市民ホールフレンディア):申し込み済み ※当落待ち
6/2「はなけっと2」(花巻市定住交流センターなはんプラザ):申し込み済み
7/16「第7回Text-Revolutions(テキレボ)」(東京都立産業貿易センター台東館):申し込み済み
8/10~12「コミックマーケット94」(東京ビッグサイト):申し込み済み ※当落待ち

ゲームレジェンドは相変わらず公式サイトの更新がありませんが、スタッフとおぼしき方から申し込み受付の連絡が回ってきたので、早速参加申し込みをしてきました。
ただ、最近のゲームレジェンドは申し込みサークル数が予定数をオーバーすることが多いらしく、そのため前回は最後まで調整に手間取りながら結局落選サークルを出してしまう事態になってしまいました。
今回ももしかしたら同じような事態になってしまうかも知れませんので、今のところ当落待ちとしてあります。

はなけっと2は前回の記事にも書いた通り、岩手県花巻市で開催されるオールジャンルの同人イベントです。
こちらも、昨日スタッフから参加申請受理のメールが届きましたので、こちらに掲載いたしました。
何事もなければ、『徒然なる世界』としては初の東北出展ということになります。
というより首都圏以外のイベントに出展すること自体が初なのですけどね。

今後とも、『徒然なる世界』をどうぞよろしくお願いいたします。

まさかの東北初出展!?

6月2日開催予定の「はなけっと2」に参加申し込みをしてきました。

「はなけっと2」公式サイト:http://www.hanaket.info/

「はなけっと2」は、岩手県花巻市で開催されるオールジャンル同人イベントです。
同人誌即売会の他、コスプレ撮影もあります。
今回、二次創作もOKということで、参加を検討していたのですが、問題は交通費より宿をどう確保するかだったのです。
時間的に前日現地入りしないと当日間に合わないことは分かっていたので、その宿さえ確保できれば一応は参加のメドは立つことになります。
そこでいろいろ調べてみたところ、何とか宿を確保できそうだったので、宿を予約しつつ参加申し込みを済ませました。

まだ申し込んだばかりなので何とも言えない部分はあるのですが、無事に当選すれば「徒然なる世界」としては初の東北出展ということになります。
こういうのは、やはり勢いが大事ですね。
多分後で検討しようということになると、あれこれ考えているうちに締め切りが来てしまい、残念ながら縁がなかったということで、という感じになりかねないので、宿の問題がクリアできた時点で参加しようと思いました。
問題さえ明確になれば、あとはそれをどうクリアするかがポイントになるので、宿の立地や料金、予約状況などを吟味した上でここだという宿を見つけることができました。

5月のゲームレジェンドからわずか2週間後というかなりのタイトなスケジュールになりますが、その辺は何とかなるでしょう。
これが正式に決まれば、また一つイベント出展実績が増えることになります。
詳細については決まり次第追ってご連絡いたします。

ゲームレジェンドは本当に開催されるのでしょうか

ゲームレジェンドの開催を危ぶむ声が一部で上がっています。

理由は公式サイトが全く更新されないから。
以前の記事を書いたのが2月8日ですから、それ以降全く公式サイトに動きがないことになります。
これは紛れもなく由々しき事態です。

5月20日の開催が告知されている次回ゲームレジェンドですが、スケジュール的にはもうサークル参加の申し込みが始まっていないといけないはずです。
仮に今から参加受付を開始したとしても、諸々の調整に1か月程度かかると計算して、3月の末には締め切らないと間に合いません。
つまり、サークルにとっては1か月以内に参加の可否を決めないといけないという、かなりややこしい話になってしまいます。

ゲームレジェンドは公式サイト以外に情報源がありません。
他のイベントのように公式ツイッターで定期的(もしくは不定期)に情報を流してくれるのであればまだ話は別ですが、それが全くないため、我々も現状どうなっているか分からないのです。

一部の方はすでに次回ゲームレジェンドに向けて作品を出すよと言っていたり、運営に対して問い合わせをしているようですので、そういう方々の期待を裏切るような真似だけはしてほしくないのですが。
とにかく、今は公式サイトの更新を待つしかありません。

「第7回Text-Revolutions」内ユーザー企画『テキレボ・バトルマニアックス』参加一覧

この記事は「第7回Text-Revolutions」内ユーザー企画『テキレボ・バトルマニアックス』の参加サークル様の一覧となります。

battle.jpg

(リストは申請順に上に追記していきます。ブース番号は確定次第記載いたします)
--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
まよなかラボラトリー
【ブース番号】
【代表者】
紙箱みど

【作品名】
レーヴァテインの断章
レーヴァテインの断章書影
【どんなバトルシーンが出てくるか】
すごい強い人がすごい強い人と言い合いしたり狂戦士が一方的に人の首を飛ばしたりしてます。
【作品PR】
彼らは語る。彼らは囁く。――【絶対不敗の狂戦士】がやってくるぞと。
何かの始まりの予感がする、いつかどこかの世界の掌編集。後半で人の首が元気に飛びます。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
むしむしプラネット
【ブース番号】
【代表者】
柏木むし子

【作品名】
絶命のユーフォリア
Ka7xKKoR.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
異形男子たちの対人・対モンスター肉弾戦
【作品PR】
※非常に猟奇的な表現があります
身に異形と異能を備え、痛みに快楽が連動し、死しても蘇りまた戦う。
そんな男子たちが、閉じた世界でモンスターや時に仲間との戦いを繰り広げるダンジョンアタック官能猟奇サバイバルバトルBLライトベル。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
教授会
【ブース番号】
【代表者】
紗那教授

【作品名】
百獣の女王
queen_hyoushi.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
ヒトの姿をした生物兵器による、バイオ系アクション。
体の一部を凶器に変えてから行う攻撃から、銃や刀によるバトルシーンも有り。
舞台は研究所、工場、高層ビルなど現代らしい所が多く、
その場所ならではのギミックも有り。
【作品PR】
新人類(Neo Human Being)。それはある国立研究機関によって生み出された生物兵器であり、その被験体となるのは行き場を失った若者たちだった。彼らはヒトの姿をしているが、体内に植えつけられた特殊な細胞を覚醒させることで超人的な力を発揮する。N.H.B(Neo Human Being)の一人である皇穂稀《スメラギ ホマレ》。体内にライオンのDNAを宿し、鋭い爪と圧倒的なスピードとパワーを持ち合わせる。彼女もまた不本意に生物兵器となってしまった身だった。しかし、研究所に拘束され1年が経とうとしていたとき、彼女に脱出するチャンスが訪れる。果たして穂稀は無事に研究所から抜け出すことができるのか。社会の闇と「生」の意味に焦点を当てた、バイオ系バトルアクションSF小説。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
虚事新社
【ブース番号】
【代表者】
芝田拓

【作品名】
ヤマオク!
ZdAqS_wz.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
女の子設定の丸ポスト型ロボット(15)と丸腰の一般人男性(25)によるバトル
【作品PR】
食品メーカーの研究者・山上(やまがみ)憶良は、上司に「耐寒オクラ」の入手を命じられる。真冬の雪山を登りきったもののオクラの果実を目前に力尽きる山上。その時、彼の前に現れたのは――。奇想天外の雪山ロボットバトルファンタジーSFハイテンションギャグラブコメ冒険奇譚!!

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
イヌノフグリ
【ブース番号】
【代表者】
ω

【作品名】
MIST OF WAR REJECTION アルファベットの境界線 上下(MIST OF WAR二次創作)
アルファベットの境界線上巻 表紙 mini下巻
【どんなバトルシーンが出てくるか】
パーツの組み合わせによって千差万別の形を為す機動兵器「ウォーハイドラ」によるロボットアクション。
【作品PR】
霧に覆われた世界〈残像領域〉で戦うハイドラライダーの中の一人、エイビィの辿る戦い・その素性の謎を追ったロボットアクションノベル。

【作品名】
DEADLINE ARRIVAL/DEADFALL ARRIVAL
Deadline.pngDeadfall.png
【どんなバトルシーンが出てくるか】
探偵が魔術を駆使しながら敵いそうもない強大な敵に立ち向かったり、逃げ回ったりします。
【作品PR】
無能な探偵・有能な魔術師、レオン=アライバルが、経営難により倒産しかかった探偵事務所を立て直すために不本意ながら魔術師の仕事を受けていくお話です。探偵バラバラ本&探偵串刺し本となっております。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
浮草堂
【ブース番号】
【代表者】
浮草堂美奈

【作品名】
金蚕
20a977af081b0bd6011e7ef584b23c48764243c2_large.png
【どんなバトルシーンが出てくるか】
各国呪術師の智謀を駆使した呪術バトル
【作品PR】
念じるだけで人を殺せるとしたら、あなたはどうしますか?

悪人が「悪」を極めんとする物語。
世界を悪に染めんと自らに呪術をかけた男、金蚕。
破滅の中日本を奪い取ろうとする女、沼御前。
彼らを軸に呪術師達がおりなす悲しい群像劇。(旧版、新装版どちらもあります)

【作品名】
心霊よろずや
心霊よろずや見本用書影
【どんなバトルシーンが出てくるか】
妖怪の能力を使う霊能者たちVS額に赤い目が開く押しかけ女房
【作品PR】
初同人誌!
90年代ラノベ風ファンタジー。
A5二段組340頁ですが、初物ということで記念無配です!
まだ初々しい浮草堂美奈をお楽しみください!

【作品名】
ヘヴンズ・ドアー
7d3dfdea3a271f4f32e6207cde3d6c51f7e0a705_large.png
【どんなバトルシーンが出てくるか】
異能の戦士たちの殺し合い
【作品PR】
ヴァルハラ。
それは人を殺す事に「違和感を覚えない」狂人のみが逝くあの世。
天上の戦場。
いずれくる世界の終りの後、新たなる世界の覇権国家の地位を賭けて、各国戦力が戦争を繰り広げる!
主人公、飯塚依子は中華娘紅玉、アメリカンガールエミリーと共に、名誉の戦死を求め、戦場を駆け巡る!
「戦争に、正義なんて必要ない!」

【作品名】
同人ストレイドッグス総集編
【どんなバトルシーンが出てくるか】
同人作家の作品を元にした異能バトル
【作品PR】
テキレボアンソロジー名物(自称)同人ストレイドッグスを集めたコピー本です。
実在する同人作家さんたちをキャラクター化して、異能使いにするという――。
文豪ストレイドッグスのパロディおふざけ!
実際の皆様、全然こんなんじゃないからね!

【作品名】
空六六六
空六六六見本用書影
【どんなバトルシーンが出てくるか】
悪魔に対して刀と銃火器でバトル
【作品PR】
「戦の勝利条件は、兵力、補給、作戦、外交だ。」
「最初に最大火力を叩き込め。ケチケチすれば余計貧しくなる」
「大将がウロウロするものではない。戦の支度を整えて、負けたとき詰め腹きるのが大将の仕事だ」
「目に見えないものは存在しない! 目に見えるものは必ず殺せる!」

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
天鏡ラボラトリー
【ブース番号】
【代表者】
小鳥遊みちる

【作品名】
アップルパイ・ラプソディ
ロゴ入り写真
【どんなバトルシーンが出てくるか】
サイボーグのメイドさんと不在時に主人の自宅を襲った男たちが衝突する
【作品PR】
とある事故をきっかけにサイボーグとなったメイドさんが、自分を救った天才脳外科医のボディガードとして戦う近未来SFです

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
藍色のモノローグ
【ブース番号】
【代表者】
藍間真珠

【作品名】
エッセンシャル技使い
エッセンシャル技使い
【どんなバトルシーンが出てくるか】
依頼を受けた技使いたちと魔物との異能力バトル
【作品PR】
足を踏み入れた者は誰一人帰ってこないという技使い訓練所。調査を依頼されたトロンカは、居合わせた流れの技使いと共に潜入することになり……。
好き好んで異能力者となったわけではない。それでも生きるために能力を扱う者たちの物語。
この一冊で「技使い」がわかる、コミカルでちょっといい話なライトファンタジーです。

【作品名】
white minds
whiteminds1.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
複数勢力による頭脳戦、心理戦、異能力バトル
【作品PR】
違法者を取り締まるべく、異世界へ派遣された神技隊。だがその裏には別の思惑があった。謎と愛憎陰謀渦巻くSF、現代風の群像ファンタジー。
戦うために選ばれたわけではない。そう信じながらも命を狙われ、謎に翻弄される神技隊。敵はどこにいるのか、信頼すべきは誰か。理不尽と必然の中で、それぞれが決断を迫られていく、超長編ファンタジーです。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
アメシスト
【ブース番号】
【代表者】
天海六花

【作品名】
綺羅星美星-夜空ニ懐フ君想フ-(きらぼしみほし-よぞらにおもうきみおもう)
hoshi.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
魔物対少年のバトル カルト団体との頭脳戦
【作品PR】
怪しげな協会で神妃(しんひ)として祭り上げられている少女を、旅の途中の少年が救うために奮闘するBoy Meets Girl物
「誰かを好きになるなんて、ものすごく難しくて、ものすごく簡単だったんだ」

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
DrawingWriting
【ブース番号】
【代表者】
カント

【作品名】
エンディング~DrawingWriting短編集
Ending_Cover.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
短編ではありますが、霊能力者のお姉さんと悪霊との戦いを描いた作品が二篇ございます。
一篇は縁日の片隅における悪霊との静かな舌戦・心理戦、もう一篇では夕暮れの交差点における跳んだり跳ねたりの異能力バトルを描いています。
【作品PR】
SFやらファンタジーやらコメディやらホラーの短編を集めた一冊です。
霊能力者と霊との戦いを描く『エンディング』『ロスト』という短編では、跳んだり跳ねたり駆け引きしたり異能力での攻撃なりの静かな、或いは激しいバトルを収録しております。
前者の『静かな』バトルが特に見どころありです!

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
勇者斡旋所
【ブース番号】
【代表者】
卯月慧

【作品名】
Task Executorシリーズ
Task-vol1.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
剣と魔法、人間と魔物、兄弟の因縁の対決など
【作品PR】
ギルドで依頼を受けて任務を達成していくタイプの長編ファンタジー小説で、現在3巻まで出ていますが各巻に何らかのバトルシーンがあります。戦いに身を投じる青年たちの葛藤も合わせてご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
灰青
【ブース番号】
【代表者】
凪野基

【作品名】
凱歌
gaika.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
騎士の肉弾戦(決闘、試験、手合わせなど、主に一対一)
【作品PR】
斜陽の国を駆ける騎士たちの物語。バトルは技量を戦わせるというよりは、信念や背負ったものなど、精神的なもののぶつかりあいです。

【作品名】
インフィニティ
inf0.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
冒険者対魔物。剣あり魔法あり、RPGふうの「バトル」です。
【作品PR】
男装女子と不憫男子の糖度低め冒険譚。シリーズ長編で、各巻1~2回のバトルシーン(フィールドでモンスターと戦うタイプ)を織り込んでいます。

【作品名】
ESCORT!(FINALFANTASY7二次創作)
es.jpg
【どんなバトルシーンが出てくるか】
タークスVS.小悪党
【作品PR】
ヴィンセントとユフィ、レノとイリーナがゴールドソーサーでコスプレダブルデート(概念)する小話。日常やお仕事、恋愛要素も全部盛り。

--------------------------------------------------------------------------------
【サークル名】
徒然なる世界
【ブース番号】
【代表者】
リュード

【作品名】
怒首領蜂 大往生 reboot(怒首領蜂 大往生二次創作)
表表紙_RGB裏表紙_RGB
【どんなバトルシーンが出てくるか】
戦闘機同士のドグファイトおよび巨大兵器との戦闘シーン(電子戦闘もあり)
【作品PR】
シューティングゲーム原作ならではの空中戦、特に戦闘機同士のドグファイトに力を入れました。人間同士の、そして人間とロボットが織り成す緊迫のドラマにもご注目ください。

【作品名】
虫姫さま 異聞録(虫姫さま二次創作)
※書影はもう少しお待ちください
【どんなバトルシーンが出てくるか】
巨大昆虫同士の空中戦(人間が絡むシーンもあり)
【作品PR】
甲獣と呼ばれる巨大昆虫とそれに神様として選ばれた人間の物語。シューティングゲーム原作ならではの空中戦ももちろんあります。
プロフィール

ryudo0123

Author:ryudo0123
ここは『徒然なる世界』の管理人である私リュードの執務室となっております。
日常の雑感やいろいろ考えることなどを不定期に記して参ります。

『徒然なる世界』
http://www.h4.dion.ne.jp/~ryudo/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。